クロスステッチの作成経過をメインに綴ります。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

のー

Author:のー
*クロスステッチに夢中です。
クロスステッチ関連、手芸本 etc. 収集癖あり;
音楽はHR/HMが好き♪

お気に入りデザイナーさん
最新記事
Flashカレンダー
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
リンク
FC2カウンター

昨日のライヴ・・

昨日の主役は、、とにかくパット!

来日公演が決定した春頃、
直後に発売のB誌の記事を読んで初めて
彼の病気のことを知ったときはかなりショックでした。。

ドラマーのパット・トーピーがパーキンソン病を発病したというニュース

直近のインタビュー映像見たときも、
痩せて少しやつれたようにみえる姿がなんだかつらかったんですが。

「今までと同じように演奏することは出来ないけど、
演奏は続けるし、リハビリも頑張ってきっと復活してみせるよ。」
という(ニュアンスの)言葉にすこし安堵の思いでした。

今回のツアーは、助っ人が入るということだったんだけど、
パットも同行してくれてソロではドラムをたたくと聞いて嬉しかったんです
やっぱり4人揃っていて欲しいのよね。

つい、3日くらい前になって、そういえばセットリストは~?
助っ人は誰だろう~?って思って一応調べましたらば、
アタシは知らない方でしたが、マット・スターというお名前だそうです。
テクニシャンばかりのこのバンドの助っ人に呼ばれるくらいだから、
もちろん腕前はいいでしょう。

見た目はスキンヘッドでちょっぴりコワモテだけど、
お茶目なところもあるようで、、何度か笑わせてもらいました

アタシは、パットの登場は後半のドラムソロなんだろうと思っていたんです。
勝手にそう思い込んでいただけなんですけど。

 ※以下、アタシの記憶はかなり不確かです。
   記憶違いも多々あるとおもいますので、万が一セットリストとかで検索してこられた方がいらしてもお役に立てません。
   あしからずご了承を。 (順番なんて最初の3~4曲と、アンコールしか覚えてないもんねー


ところが、前半数曲目(5~6曲目くらいかな???)
いきなりパット登場でびっくり。
みんな大歓声!
メインのドラムセットの横に、小さなセットが用意されていて、
そこに立ってドラムやタンバリンを演奏!
(ちょうどアタシの真正面でした♪)

思いがけずの早い登場で、
こちらの心の準備が出来ていなくて(?)
元々弱い涙腺が壊れそうになって、どうしようかと思いました
瞬きすると溢れてしまう~。そんな状況だったんですけど必死に耐えました

以前に映像で見たより元気そうで、
いつものニコニコ笑顔でよかったー。
(ほんとに人柄が滲み出るような笑顔)

サポーターをはめていた右腕が思うように動かない様子で、
痛々しいんだけど、笑顔に救われる思い。

腕が上がらないよ~。
痛いよ~; ってジェスチャーをしつつおどけてみせてくれていました。
おどけて笑わせてくれるんだけど、
ほんとうにつらいんだろうなと思いました。

左手はスティックを持って打てるし、
タンバリンも左手で持って、添えた右手に当てて演奏する感じでした。

ポールのソロで、パットはいったん退場。

でもしばらくしてまた再登場~。
思っていた以上に沢山の曲で彼なりの演奏と
いつもの美声コーラスを聞かせてくれて嬉しかったです。
途中で、何度もパットコールが起きるんですよ
みんな想いは同じなんです。

助っ人のマットが、スティックをクルクル回したり上に投げてキャッチしたりするのを見て、
隣でパットもおどけてマネしてキャッチしようとするんだけど、
体が思うようにいかなくてキャッチ失敗するのよね。。

で、今度はマットも失敗してスティックがコロコロとドラムセットの前に転がって、
パットが回したスティックもコロコロと手前に転がって、
続けてパットがヘッドホンだったかタンバリンだったか・・ そこにあったものをスティックにみたてて
クルクル回してまた転がって、、、

エリックが拾って回るという・・
パットもずっと笑顔でね~。
嬉しくなる



事前に確認しておいたセットリストは初日の北海道公演のものだったんだけど、
曲順はちょこちょこ変更されていたようでした。
それから、、北海道ではやらなかった(はず)の「Nothing but Love」をやりました。

プリーストのカバー「Living After Midnight」は、恒例の楽器チェ~ンジ♪ で。
ポール→ドラム、エリック→ベース、ビリー&マット→ギター、
そして~ ヴォーカルはパット!
今回もとても楽しゅうございました

ブート出たら欲しいな~。
たぶん、「Just Take My Heart」だったと思うんだけど  ※記憶は定かでない;
ギターのイントロの途中でポールが思いっきり音を外したの;
ポールも「やっちまったぜ」みたいなおどけた表情で笑っていたけど、
お客さんたちも吹いてました もちろんアタシも

エリックもね、何の曲だったかな~  ←忘れた;
ちょこっとだけ、さわりだけやった曲なんだけど、、
お客さんに歌わせて、自分は昔の曲だから忘れちゃったよ~みたいな言い訳したり 
(アタシも歌ったくせに、何の曲だったか忘れた。。ボケてる;)

メンバー全員凄い技術の持ち主なのに、
こういうちょっとゆるい部分もあったりして、
そういうところがまた好きだったりするんです♪
アットホームな感じが楽しいんです


次回ももちろん!パットも一緒に、
絶対また広島に来てね。


CIMG5503.jpg
お土産はパンフのみ。。
昔はぶ厚かったんだけど、だんだん薄っぺらになっているような;


そうそう、

ふっ、ふっ、ふ~♪
整理番号ひとケタなのー!って浮かれていたでしょ。
終わったので、見せちゃうよ

CIMG5500.jpg
すごいでしょ
今年の幸運はここで使い切ってしまったかもしれませんね;

これは残骸↓
CIMG5501.jpg
待ち時間寒くてお腹にくるといけないと思って;

一番前確定♪ってことで安心して、
お腹に貼っておりました、実は。
(背中に貼ると後ろの人に暑くて迷惑かけるけど、っちゅうか、「なんでコイツこんなに熱いんだ」と思われる・笑
 でも お腹なら。今日はアタシの前に人はいな~い♪)


BLUE LIVEは初めてだったけど、
ステージがすごく近くて最前の柵の前の通路幅が60㎝くらい??
(HAEDの布幅を想像してみるステッチャーのさが)
で、ステージが低くてメンバーの顔が近い!
クアトロはもっとステージが高くて、首がだるくなるけど;

今回アタシは一番前だったのでかなり嬉しかったけど♪
後ろの位置で背の低い方だと見にくいかもしれませんね。。

エリックのギターストラップには、可愛らしい双子の息子の写真がプリントしてあって、
パットの腕のサポーターには「パット」ってカタカナで書いてありました。
そんなところまでよーく見えました
楽しかった!!




検索フォーム
QRコード
QR