ちょっとずつ楽しくね。

クロスステッチの作成経過をメインに綴ります。

矢印が示すのは図案の中心か?布の中心か?

普通は図案の中心でしょー。


そんな、、慣れゆえに・・

解く羽目に。。 


ま、私が注意力に欠けていたのも要因のひとつだけど。
まーね。おっちょこちょいだから よく たまにやるんだ~。
しょーもない失敗を。


何でも新しいステッチの開始日というのは楽しいもので、
昨夜も頑張ったのです。

01871cc73dd4976ac84657a3ad67b066e69aa6db33.jpg

ここまで刺して気になりました。

下の余白は足りるんだろうか。。



セオリー通り、いつも図案にある矢印が交わる位置から刺し始めるのですが。

今回も、本来なら図案のその位置と布の中心を揃えて刺し始めるつもりでしたけど、
これは巾着袋に縫製済のキットなのです。
ステッチが完成したら 上部の口を絞って使うのです。
そうすると、、
こんな風にステッチ部分が上の方にあるデザインの場合
入れ口を絞ったときにステッチもいくらか縮まって見えにくくなってしまうので、
布の中心より2目ほど下の位置から刺し始めたんです。


これは、前にAlbertineの巾着袋をステッチしたときに学習したことだったんです。
図案の中心と布の中心を合わせるより
図案を若干下げて刺せば良かったかなと。
(パティスリーの巾着袋の場合はステッチエリアが下の方=底に近い位置だったので、
逆に中心より若干上げてステッチしました)



あまり下げ過ぎてもバランスが崩れるし、
仕立て済みなので、そもそもステッチエリアに限界があるから極端なことは出来ませんけど。
(ほんの気持ちだけ。。2目とか3目の話なんですけどね)


このマリーアントワネットは上下(左右)がシンメトリーな図案なので
上下の余白が極端に違っても変かと思ったし、
そもそも余白にあまり余裕がない気はしていたので
下げ過ぎないように・・


たったの2目だけ下げたはずだったのに。。



こんなに刺し進んでから、心配になってきたので残りの目を数えてみたら・・


はい、余白が足りませんでした。


厳密に言うと、縫い目の際までギリギリステッチしないと入らない=余白がまったくないという状況に。

これはいかん



改めて図案をよく見てみると・・

0111db7a15bbf8c8b6146ec926ad21b3f1b8f2873b.jpg

矢印の位置、中心じゃないね

私は今の今まで、
この矢印というものは常に図案の中心を示すものだと思っていたのです。

私が間違っていたの?

慣れというか、お得意の思い込みっていうヤツでしたか。。(おっちょこちょいたる所以です


これはね、きっとデザイナーさんも同じように考えての配慮、
(上部を絞るから図案位置を下げた方がいいと)

親切でのことだと思うのです。今になって思えば

素直に図案の矢印位置と布の中心位置を合わせていればよかったんです。


でも、気付いたのが遅かった。。(こんなに刺した後でとは


でもさぁ、
Albertineの巾着袋では、そんな配慮はなかったよ~。


じゃなきゃ、私も今回も余計な気を回さずに素直に刺してたよ。
慣れないこと↑したせいでアダになちゃった (素直が一番


ぐあぁぁ。。

解かなくちゃ。


面倒くさいけど、

解かなくちゃ。。


せっかく手に入れたお気に入りの図案なんだから、
ちゃんと刺さなくちゃ



01c4ba8078eff2e4eb710dff8b2ebe2a440592f8cf.jpg
そんなわけで、キャンパスは真っ白に戻って
糸くずの山が出来上がり


013bb7e09ffa31a08b151ef4a5c44af7988eada503.jpg
やり直し~。


でも、後は刺すだけでいっ!


がんばるよ。 負けず嫌いだし



 Les Brodeuses Parisiennes

0 Comments

Leave a comment